2014年04月14日

華奢女の隣で立って写真を撮られたくないときの工夫

肩幅が広いと、どうしても横幅が大きく見えてしまい、パッと見太ってしまいますよね。
どうしたら少しでも華奢に見えるのか知りたく、私もいろいろ検索した経験があります。
http://aska-sg.net/のモテ写on the webというコーナーは、細く、スタイリッシュに見える撮られ方を教えてくれます。

このサイトは一人で写真に写るときにとても参考になりますが、ピンで写真を撮られる機会ってあまりないですよね?
カタハバー仲間同士で写真を撮るときは、みんなそれぞれ肩幅が目立つので気になりませんが、なで肩、華奢女どもと同じフレームで写真を撮られるときは、内心びくびくです。
一番悪いのが真正面を向いて写真を撮られること。

正面向きはダメ

一番華奢に見えるのは、カメラに向かって斜めあるいは真横に体を向けることです。
とはいえ、たった一人でモデル立ちをしていても、撮影時の空気が微妙になります。
出来上がった写真を見ても「ナルシストな勘違いガールが!」と毒づきたくなりますよね。
一人横向きも微妙


じゃあ、どうしたらいいか。

■アイディア1
横にいる人に抱き付いてみては?
Step 1 カメラに対して体を横に向けます
Step 2 隣の人に抱き付きます
Step 3 嬉しそうに満面の笑みを浮かべます
その1

結果→仲好さそうで楽し気な写真が出来上がります。
カタハバー二人、キャシャリン一人だったら、両側からキャシャリンを挟み込みましょう。

■アイディア2
後ろから抱き付いてみては?
Step 1 キャシャリンの後ろにささっと一瞬で立ちます
※キャシャリンの多くは「みんなより一歩下がる」という習性があるので「ささっと」がポイントです
なんで一番細いお前が一番後ろに立つ?とかなりむかつきます!
Step 2 後ろからキャシャリンに抱き付きます。
その2

結果→仲のいい二人!というシーンが演出できます。
隣りに立っていないので、横幅の比較ができません。


しかし、3人以上で撮るときは上記の手段は使いにくくなってきます。
そういう場合はどうしたらいいか?
■アイディア3
「一匹狼」「マイペース人間」の立ち位置を狙う
Step 1 一番端っこの立ち位置を選ぶ
Step 2 顔だけを正面に向けて、体は横に向ける(みんなに背を向ける形)
Step 3 カメラに近いほうの手を思いっきり前に伸ばして、Vサイン
その3

結果→まあ、こういうキャラだよねーみたいな写真が出来上がる。

マイペースキャラでもない人には「盛り上げ役」のキャラのポージングがおすすめです
■アイディア4
一人だけ少しかがんでみる
Step 1 一番端っこの立ち位置をキープ
Step 2 横向きになった状態で、少し腰を落とす
Step 3 「じゃじゃーん!」と頭の中で大きく叫び、自分で自分を盛り上げる
その4

※ただし、どの程度にかがめばどういう見た目になるのかは、事前に少し練習しておかないと、逆に太って見えます。

結果→ひょうきん者!というポジションを獲得できる


いかがでしたか?
肩を小さく見せようと、肩をすぼめて立っていても、首が短く見えるばかりですし、肩甲骨を後ろに寄せても、平面的に描写する「写真」においては効果ゼロです。
「いかに自然に横向きになるか」を意識し、上記のポージングを参考に、自分の性格や周りとの関係性に合わせたポージングを実践してみてくださいね!

意味不明に後ろに一歩下がるキャシャリンどもに負けるな、ひろみ!
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。