2014年05月03日

逆三角形体形の女が選んではいけない水着 6種類

暖かさを感じてくると、夏を意識しだす人も多いのではないでしょうか。
夏。
夏と言ったら、海!プール!水着!ですよね。

バストが大きい女性だと、オーダーメイドで水着を購入したり、海外から輸入したりする人も多いんじゃないかと思い、先取りしすぎかもしれませんが、水着について語ってみました!

逆三角形体形の女性(バストが大きいあるいは肩幅が広い女性)は、水着選びも慎重に行わないと、コンプレックスの箇所を強調してしまうことが多いです。
人によって好みはありますが、肩幅やバストの大きさを強調したくないのであれば、次の水着は避けたほうがいいでしょう。

選んではいけない水着のデザイン6種


チューブトップ


肩幅が広い女性が選んではいけない水着
平行なラインが肩幅や胸の幅を強調してしまいます。
肩幅を強調し、健康的で活発なイメージを強調したい場合はお勧めですが、逆三角形体形を強調することになるので、「もっとかわいらしいラインを演出したい!」と思う方にはおすすめしません。なで肩の人は、バランスが良くなるのでいいかもしれません。

バンドゥ


肩幅が広い女性が選んではいけない水着
いかり肩タイプかつ肩幅が広い女性は、バンドゥタイプのように肩紐がV字になっている水着は避けたほうがいいです。V字の肩紐があることで、肩幅がはっきり認識できてしまいますし、細い肩紐もさらに肩幅を強調してしまいます。

ネックラインが詰まっているワンピース


肩幅が広い女性が選んではいけない水着
胸の大きさや谷間を隠したいあまり、単色のワンピース水着を着てしまうと、体のシルエットをくっきりと見せてしまうことでむしろ逆三角形を強調してしまいます。胸の小さく、肩幅が広い女性の場合、水泳選手のような印象を与えてしまいます。

三角ビキニ


肩幅が広い女性が選んではいけない水着
バストの大きさを隠したい女性にとって、三角ビキニは鬼門です。男性からは、「グラビアアイドルっぽくて好き!」と言われ、人気の高い三角ビキニですが、ボトムスの面積も小さいためバストの大きさが強調されます。サポート力も皆無に等しいので、そもそも女性の人気は少ないデザインかもしれませんね。
肩幅が広い女性にとっても、肩紐が細い三角ビキニはお勧めできません。

ショートパンツタイプの濃い色のボトムス


肩幅が広い女性が選んではいけない水着

肩幅が広い女性が選んではいけない水着
ショートパンツタイプは、胴長短足の女性にとって、脚の長さをさらに短く見せ、胴長を強調してしまうデザインです。そのため、胴長短足の女性は絶対に避けるべきデザインです。
また、色が濃いボトムスは腰をコンパクトに見せるため、逆三角形を目立たせてしまいます。

胸元にフリルやリボンがあるもの


肩幅が広い女性が選んではいけない水着
胸のない女性は、フリルやリボンがあるもののほうが、バストを豊かに見せてくれるのでいいのですが、胸が大きいことがコンプレックスの女性はこのようなビキニは避けたほうがいいでしょう。人の目線はひらひらしたものに集中しやすいです。特に、ひらひらが色違いあるいは膨張色のものはやめましょう。


関連記事


バストの大きい女性におすすめの水着
誰も今まで教えてくれなかった!肩幅広い女に本当に似合う水着
胴長短足さんに朗報!脚の長さとお尻の関係

posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 似合わせ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。