2014年03月24日

肩幅の測り方

肩幅には二種類の定義があります。

一つが人の肩が物理的に占有している空間幅(襖の間に挟まって測る)→紛らわしいので「襖幅」と呼びます。

そして実際の骨格の幅、肩峰(けんぽう)幅です。
肩の外側の骨と骨の間の距離を測ります。
このとき、肩の上を通って首の付け根まで通して、少し弓なりの状態で測ります。
一人で測るときは、首の付け根の骨(一番出っ張っているところ)でテープメジャーを持ち、肩の骨まで測ったら、その長さを2倍にするといいでしょう。
肩峰幅の測り方

下記イラストのオレンジが一般的に考えられている「肩幅」
青が洋服のサイズで表示されている「肩幅」です。
比較

極端ななで肩の人の場合、「肩峰幅」が、襖幅より大きいことがありますが、基本的に襖幅のほうが2センチ以上大きいです。

肩峰幅は基本的に変わりません(巻き肩の人は姿勢を直すと少し小さくなります)。
襖幅は三角筋の太さ、二の腕の脂肪の厚さ、上腕二頭筋の太さ、上腕三頭筋の太さで変わります。

「肩幅が広くて悩んでます」とネットで相談すると「痩せなさい」と言われるのは、回答者が「質問者は襖幅が広い人なんだろうな」と思うからです。男性が「肩幅を広げたい」と思うと、まず三角筋を鍛えますからなー。

日本人女性の肩峰幅36センチ前後であることが多いです。
日本人女性の平均身長が158センチくらい。
つまり、よく目にする肩幅は、身長の23%くらいです。
身長とのバランスにもよりますが、身長の4分の1以上の肩幅だと「肩幅ひろ!」と感じるかもしれません。
(あくまでもかたはばひろみの計算ですので、確たる基準ではありません)
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 体形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。