2014年03月25日

逆三角形体形におすすめ 肩幅広くても着られる春トップス

肩幅が広い女性におすすめの服として、23区がよく挙げられる(というか、2chのスレッドで挙げられている)のですが、実際問題どうなのかと思ってみてきました。

とはいえ、テーマを絞り込まないと訳が分からなくなってきそうだったので、今回は通勤服として使えそうなコーディネートを考えてきました。
まず逆三角形女子の必須アイテム、白いパンツと合わせやすいシャツ(白パンツとロングネックレスは自前です)。

白地の青ストライプのシャツです。
着用サイズは40。
Vネックが深く、しかも開き具合がボタン(1つ)で調整できます。
この写真は全開です。

23区のストライプシャツ
公式サイト 商品リンク

ちなみに、44(Lサイズ)だとこんな感じ。

大きすぎー
公式サイト 商品リンク

ちょっと私には大きすぎました。
(肩峰の幅=骨から骨への距離=40センチです。
腕肉を含めた襖測定法だと47センチです。三角筋太い〜)

袖を上げたほうが、手首の細さを印象付けられるのでいいと思います。


別のコーディネート。

胸の大きさをさらにごまかすため、体を小さく、縦長に見せるグレーのジャケット。
(サイズ40)
そして相対的に腰幅を広く見せて、バランスをとるストライプスカートを組み合わせてみました。
(サイズ38)

どんなもんじゃい
公式サイト 商品リンク(残りわずか)

黒いタイトスカートはかえってメリハリがなくなるため、Aラインのスカートか、白などの膨張色がおすすめです。

↑公式サイト 商品リンク

肩幅が広い、胸が大きいなど、上半身にボリュームがある女性は、トップスは体を小さく見せる、縦ストライプや寒色がいいですが、ボトムスは膨張色や横ストライプ、大きな柄がついている服を選ぶといいと思います。

posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 似合わせ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。