2014年05月31日

肋骨の幅を狭めるためにコルセットを着用したらどうなるの?

昔、ほかのパーツに比べてウエストだけが異様に太かったので、バランスを取ろうと思って補整下着を購入したことがありましたが、便秘・食欲増進・腰痛・肩こりの悪化などが起きたので、やめてしまいました。

胴が短い人だと、どうしても内臓を保管するスペースを確保するために、胴長さんよりも横幅が広がりやすいのですが、それをコルセットで細くしたらどうなるのかを検証してみようと思いました。


胴が短いと胴が太くなりやすい


以前、別記事で取り上げていますが、胴が短い人は、胴が長い人に比べて、内臓を保管するスペースが少ないので、上半身のボリュームが横に出やすいです。つまり、胴が短い人のほうが、たとえ脂肪が少なかったとしてもウエストが太くなりやすいです。
胴長と胴短を比較すると、胴が短い人のほうがウエストが太くなりやすい

ですが、これを認識している人は少ないですし、女性は男性に比べて胴が長くなりやすいので、女性=ウエストが細いと思いこんでいる人は多いです。

年々、脚が長い人たちも増えてきていますが、芸能人はあまり自分たちの正確なスリーサイズを明かしてくれませんし、基本的にテレビ映りがよい、顔も体も整った人たち(もしくは、整っているように見せてくれる服を着た人たち)が多いので、「痩せていても(足や腕が細くても)、ウエストだけは70センチオーバー」という人たちがいることを知らない人はまだまだ多いです。

そのため、「ウエストだけ太い」と嘆いていると、「内臓脂肪で太っています」とか言われますが、もしかしたら単に骨格がそうなってし待っているだけかもしれません。


特にスポーツをやっていた人は、胴が太くなりやすい


スポーツを行っていた人は、肺活量も多いですし、心臓も筋肉で大きくなっています。
そして、筋肉も多めなので、内臓も筋肉を支えるために大きくなりやすいです。

ただ、マラソンのような、長時間体温が上がるようなスポーツは違います(体温が上昇し続けるために、内臓への弊害も大きいですし、燃費の悪い「速筋」も減ります)。


太い胴を細くするためにコルセットを締めたら


人間の体は、外側からわかる皮下脂肪だけでできているわけではありません。
内臓や骨も含まれています。
st1.gif

お年頃だと、皮下脂肪のことばかり気になってしまいますけどね。

胴が短い女性が、もし胴を細くするためにコルセットを締めても、急には細くなりません。
基本的にコルセットは、徐々にきつくしていって、数年で数センチずつ縮めていくものです。

目標


割と極端な胴短さんですが、極端な胴短さんが、コルセットでここまで細くことを目標にしたとします。
コルセットで縮める部分
ピンクがコルセットです。

現時点だと、肋骨も内臓もはみ出ていますが、時間をかけると、肋骨は縮まり、脊椎から生えているアングルも変わっていきます。

コルセットの使用によって


肋骨が若干縮まり、角度が変わりました。(左側で力尽きたので、身近側ははみ出したままです)
コルセットで縮める部分

ですが、内臓はどうなるのでしょうか?
まず、肋骨の角度が変わるため、横隔膜の位置も若干変わります。
その影響で、肺が少し小さくなり、肝臓がやや斜めに傾きます。
胃袋(黄色)は、毎食広がるので、よりスペースのあるところを求めて下垂して、コルセット装着前は肋骨の中に内蔵されていたのですが、少し落ちます。

大腸の長さは変わらないので(日本人はもともとやや長めですし)、コンパクトに収まるためにねじれてきます。
コルセットで縮める部分

テレビでも取り上げられた「ねじれ腸」や「落下腸」・・・ウエストの太さとどれだけ関係があるのかわかりませんが、だれか研究してくれる人がいたら研究してほしいです。


肋骨が広い人のほうが快便?


あくまでも、かたはばひろみ調べですが、肋骨が広く、ウエストも若干太めで、皮下脂肪が少ない人は、便秘にあまり悩んでいないようです。
おそらく、大腸が教科書通りに□を描いているせいだと思います。


妊娠に比べると大したことない?


妊娠中の内臓の圧迫や移動に比べると、コルセットなんて大したことない!という主張を見かけましたが、妊娠の最初の3か月くらいはほとんど子宮も膨らんでおりません。つまり、妊娠であれば7か月程度の圧迫ということです。

それでも、自律神経が圧迫されて自律神経失調症になったり、排便や排尿に困難をきたしたりと、問題を抱える人はいます。

生まれてしまえば、徐々に体が元に戻っていくので、コルセットを何年もつけ続けているのとはちょっと次元が違う話だと思います。
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。