2014年04月08日

女性にとって肩幅が広いことのメリット

デメリットばかりに目が行ってしまいやすいので、メリットを挙げてみた。
自分の体形に悲観しているばかりでなく、いいところにも目を向けて、自信を持つべし!
ほかに思いついたらコメントでお知らせください。

■ 相対的に、顔が小さく見える
■ 相対的に、ウエストが細く見える
■ 相対的に、ヒップの位置が高く見える
■ 姿勢を正して歩いているだけで「かっこいい」と言われる
■ 「しっかりしている」と思われるので、社会的信頼が高い(ただし、姿勢がいい人に限る)
■ 身長が高く見える=全体的にすらっとして見える
■ いかり肩タイプだと、洋服やブラのストラップがずるずる下がってこない(だらしなく見えない)
■ デコルテを見せてもいやらしく見えない(肩幅が狭い女性が露出すると、肌色の面積が広く見えすぎていやらしく見える)
■ いわゆる「モデル体形」である(読者モデルなんていうレベルではなく、パリコレのランウェイモデルレベル!あの人たち、肩幅めっちゃ広くて、「歩くハンガー」でっせ)
→努力をしても、痩せることはできるが、肩幅は広がらない。
■ 年取っても若々しく見える(ただし、姿勢がいい人に限る)
■ 上品に見える(安物のペラペラの服を着ると壊滅的に似合わない)
■ 高級な服が似合う



肩幅を狭く見せる方法をとることによるデメリット(服のコーディネート以外)
:-( 猫背になる
→背中が大きく見える。実際の肩幅は変わらないので、視界に入ると目立つので、姿勢の悪さが際立つ。
:-( 手術をする
→鎖骨が短くなるので、慢性的に猫背になる。傷が残る。
:-( 肩甲骨を異常に寄せる
→姿勢がいいを通り越して、「偉そう」な印象になる。デコルテが埋没して太って見える。
:-( 標準体重以下になる
→骨ばった印象が強くなるので、男っぽく見える。女性らしさから遠ざかる。


カタハバーは姿勢を正して歩くべし。
服を工夫すれば、痩せて見えるし、スタイルもよく見える!
ラベル:骨格
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(2) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
肩幅で悩む私のためのサイトです!!私も、肩幅が広く、悩んでました。因みに着る服はインポート物…。特にアメリカ製!!日本で流行っているものを着るとどうも似合わなくて…。
広い肩幅もメリットがあるんですね。目からウロコです。

私が思った「肩幅子」のメリットは、「外国人からなめられない」でしょうか。
日本語しかできない私ですが、外国人からなめられたことはないので…。

更新、楽しみにしています!!お気に入り登録しました。

Posted by 感動した!! at 2014年07月12日 15:41
感動した!様

コメント&お気に入り登録ありがとうございます!
>「私のためのサイトです!」
そう言ってもらえると、ブログやっていてよかったなぁと思えて、本当にうれしいです。

確かに、インポート物がいいですよね。個人的には、お手ごろ価格でややカジュアル系はアメリカ系、上品にしたいときはイタリア系がいい感じだなと思っています。

外国人からなめられない?…確かに!そうかもしれません!


肩幅広くて悩んでいる人が、ここにとりあえず来ればどうにかなる(なった気になる)ブログを目指して頑張っていますが、
また感動してもらえる記事を書けるように、日々いろんなところにアンテナを張り続けますね!
Posted by かたはばひろみ at 2014年07月14日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。