2014年05月28日

年齢と共に変化していくバストとそれに合うブラジャー

「加齢で下垂したバスト」「垂れ下がった胸」 響きが嫌ですよね。

今回の記事は、乳首の位置を上げる「バストアップ」ために、いっぱいクリームを塗ってきたし、バストアップ用のストレッチをしてきたし、でも満足できない!という人向けの記事です。

●なぜ垂れるのか
●どうしたらいいのか
●どんなブラがいいのか

を検討します。


なぜ、年を取ると胸が下がるのか


歳をとるとともに、バストは下がりやすくなります。
それはなぜかというと、バストの位置を高く保ってくれる「クーパー靭帯」が切れてしまうから、そして「加齢によって体の質が変わるから」です。

クーパー靭帯が切れるとバストが下垂する

クーパー靭帯は、大胸筋と、バストを結ぶ「紐」のようなものです。

クーパー靭帯が切れるとき


クーパー靭帯は、胸が揺れると、その時の負荷で切れやすいです。
そのため、長年ぴったりフィットのブラジャー探しをせずに、トップとアンダーの差だけでブラを選んでいたり、間違った付け方でブラジャーをつけていたりすると、胸は揺れやすくなり、クーパー靭帯も切れやすくなります。

年齢と共に変わるバスト


妊娠後期、乳腺がより発達し、母乳を作り始めるため、バストは大きくなります。
バストが大きくなったぶん、皮膚も伸びます。
皮膚が伸びてしまうと、元に戻るのに時間がかかりますし、35歳を過ぎてからの妊娠・喫煙経験者の妊娠は、皮膚の張りがもともと少ないため、出産後(授乳の有無にかかわらず)緩んだ皮膚のせいで胸が垂れ下がって見えやすくなります。

また、妊娠を経験していなくても、バストは加齢によってどんどん柔らかくなっていきます。
それは、乳腺の体積が小さくなり、コラーゲンなど張りを与える成分が減少し、脂肪が多くなるからと考えられています。(*1,*2,*3)

「固さ」や「張り」にかかわる成分が減り、その分重力に負けやすい脂肪が残るので、年齢と共にバストは下がりやすくなります。


*1 Huang SY, et al. (2011). The characterization of breast anatomical metrics using dedicated breast CT. Med Phys. 38(4):2180-91.

*2 Kopans D. B. (2007). Breast Imaging, 3rd ed. (Lippincott-Raven, Philadelphia, PA), pp. 350 and 351.

*3 Stomper P. C., et al. (1996). Analysis of parenchymal density on mammograms in 1353 women 25–79 years old. AJR, Am. J. Roentgenol. 167(5), 1261–1265.

バストの下垂


バストの下垂していく様子をイラストで表してみました。

姿勢が悪いと、上半身が丸まっているために垂れているように見えやすいですが、直立であっても垂れているように見えるバストというのはあります。
下垂していないバスト

それは、もともとのバストの肉付きに関係しています。
バストの上の部分に肉がついていない場合、下垂しているように見えますが、実際はただ単に「下のほうの肉が多い」だけなので、あまり気にしすぎないほうがいいです。

下垂が始まると、このようになり
垂れ下がり始めたバスト

垂れていく胸

最終的には、バストの下半分がべったりと胴体にくっつきます。
垂れきった胸


バストの下垂にどう対処したらいいのか


まず、自分のバストが本当に垂れているのか、それとも垂れているように見えているだけなのかを判断する必要があります。

「垂れて見えているだけ」ならば、垂れて見えないようにすればいいです。

姿勢を正す


これが一番大事だと思います。
特に、胸が大きい女性は上半身を丸めやすいので、姿勢をよく保つために、体の前の筋肉をストレッチし、背中の筋肉を鍛えたほうがいいでしょう。

また、肩を丸めて猫背になっても、胸は小さく見えませんし(大きくて垂れて見える)、肩幅も広く見えますので、巻き肩は解消したほうが見た目的にも、健康的にもいいです(腰痛や肩こりになりやすいので)。

バストの形や用途に合ったブラジャーをする


胸が本当に垂れている人たちは、これ以上胸が垂れないようにきちんと垂れてしまった原因を認識し、対処しないといけません

フィットするブラジャー


プロによるフィッティングをしてもらったり、日常的にもきちんと自分でフィッティングをすることは重要です。

せっかくピッタリサイズのブラジャーを購入しても、自分でつけるときに胸が垂れやすい、体に合わない状態のブラジャーをつけ続けては意味がないので、プロのフィッティングを受けても、「どうやってブラジャーをつけるのが正解なのか」を自分でも学ばないといけません。

フィットしないブラジャー


ですが、場合によっては何をしてもブラが合わないという状態に陥っていることもあります。

なぜ、どんなブラジャーをつけても合わないのか認識し、自分で対処していかないと、よけいに胸が下がってしまいます。

目的と異なるブラジャー


日常的につけるブラジャーと、特別な時につけるブラジャーは違います。
四つん這いになっても、両方の胸がくっついていない人が、日常的に両胸がぴったりくっつく谷間ができるブラジャーを使用していると、バストに負担がかかるので、胸が垂れやすくなります。

また、スポーツや肉体労働をするのに、バストの揺れを抑えるブラをつけていなければ、これも下垂の原因になります。


どんなブラがいいのか


下垂しているバストは、ブラジャーをつけた時に「下垂していないように見える」のが理想的です。
つまり、
下垂しているバスト
が、ブラジャーをつけた時に
下垂していないバスト
見えたら成功です。


気を付けるポイント


下垂しているバストは、下垂していないバストに比べ、何が一番違うかというと、バストが下に向かっているということです(当たり前ですよね)。

つまり、ブラジャーの下のほうにかかる負荷が大きくなります。

なので、ブラジャーの背中の部分が上に引っ張られて、∧のような形になりやすいですし、そうなるとストラップ部分も食い込んできます。

新しいブラジャーを試着する段階で、背中部分が∧になっていないか確認することが非常に重要です。

おすすめの形


フルカップブラジャーが一番ブラジャーの下部のサポート力が高いです。
その次にサポート力があるのがハーフカップブラジャーです。
3/4カップと言われるブラジャーは、バストの外側のサポートが出やすいのですが、下部のサポート力はあまりありません。
なので、3/4カップ以外のブラジャーがいいでしょう。

ですが、下垂したバストは、下垂してなかった頃の丸みのあるバストと違い、どちらかというと逆三角形に近い形のバストになっているでしょう。年齢が上の人向けのブラジャーをつけると、横から見た時に「>」のようにとんがって見えるのは、自然なバストに合わせた設計になっているからです。

カップの形が「>」でも「)」でも、実際のところあまり関係ないのですが、「)」のブラジャーはバストを実質的に押しつぶしているので、カップサイズが若干小さくなりやすいですし、カップサイズが小さいとバージスラインも狭くなりがちです。

なので、カップの深さというか、)の奥行きが小さい(⊃ではない)ブラジャーでありながら、
ワイヤー幅が広めのブラジャーを探さないといけません。


結局のところ


垂れていようが、垂れていまいが、自分の体にぴったりフィットするブラジャーを量産品の中から探すのは大変です。垂れていない人も、実際は試着の時間をうんとかけないといけないですし、通販も失敗しやすいです。ただ、若いうちはあまりブラジャーの「フィット」を気にしないだけでしょう。

ですが、下垂している人でも、今回の記事に書かれていたことを念頭に置きつつレビューをうまく読み取れば、
「思っていたよりカップが小さかった」と書かれていたブラジャー=バストが垂れている私ならピッタリかも!
「横から見た時にとんがっている」=バストが垂れている私ならピッタリかも!
と気づきやすくなりますし、ブラジャーをつけた状態に満足しやすくなります。


とはいえ、どんな人でもブラジャーを購入する場合は


1 自分の体にフィットしている、ラクチンなブラジャー(形的にはコンプレックスが解消されていない)
2 自分の体にあまりフィットしないが、コンプレックスが解消される形のブラジャー(つけていて若干窮屈)
の両方が自分の手元にあるようにしたほうがいいと思います。

2だけだと、体に負担がかかり、バストのエイジングケアにはふさわしくありませんし、1だけだと満足度は低いです。

理想的には「自分の体にフィットし、ラクチンで、さらにコンプレックスを解消してきれいなバストメイキングをしてくれるブラジャー」ですが、量産品のブラでそうなる人はごくごく少数です。
何万円もするフルオーダーメイドでも、作成者の人が「デザイン性」と「機能性」の両方に対して意識が高く、人体の構造を理解していないと、何かが欠けやすいです。

100点満点のブラジャーはなかなか手に入りにくいので、タイプ1、タイプ2を量産品の中で見つけて、週全体でみて「まあまあかな」という状態をキープするのがいいですね。
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(2) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目から鱗でした。
〉型になるブラジャーあります
ただ ロケットおっぱいみたいにやらしい感じがしたんで
つけてませんでした 私の年代だと〉型は有りなんですね
早速つけてみます
いつもありがとうございます
Posted by ぽちゃ美 at 2014年05月28日 17:32
ぽちゃ美様

コメントありがとうございます。
量産品の下着屋さんや、セミオーダーのブラジャー屋さん、マルチ商法(^^;のブラもいろいろ見てきましたが、高いブラジャーで、「体のことを考えたブラ」であればあるほど、>型のブラジャーが多いなぁと私も思っていたのですが、垂れてきた胸に負担をかけず、つけ心地もいいということがわかりました。

(某下着メーカーにも電話で問い合わせたら、似たような返事がありました)

胸の自然な形に合わせるのと、自分の理想の胸の形に合わせるのとでは、胸にかかる負担が違うので、TPOや着る服に合わせて、>と)を使い分けてみてくださいね。
Posted by かたはばひろみ at 2014年05月28日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。