2014年05月27日

目から鱗シリーズ第1弾!「服はあるのに着るものがない病」の治療法

服はいっぱいあるはずなのに、いざというときに着るものがない!とパニックを起こしたことはありますか?私はあります。友達に聞いても、友人に聞いて回ると、大体みんな起こしたことがあると言ってました。

ただ、カタハバセマミだけれど、胸がGカップの友人は、「ここ10年、パニック起こしたことがない」というのです!彼女は30歳過ぎています。
つまり、大学生後半から社会人になってから一度も起こしたことがない計算になります。

おしゃれ迷子にならないわけ


なんで!?と根掘り葉掘り聞きだしてみたところ
「大学生のころに買った服で大体事足りる。新しい服は年に1着買うくらい」と言うではないですか!

これだけじゃ意味不明ですよね。
掘り下げると、3つのシンプルな基本ルールに従っていることがわかりました。

ここから、目から鱗の衝撃の事実にたどり着きましたので、皆さんに共有しようと思います。
しばらく毎週火曜日は目から鱗シリーズです。

ポイント1:自分に似合う色がわかっている


これは彼女だけのレアケースかもしれませんが、彼女のお母様は今でいう「カラーコーディネーター」の理論を学んでいて(昔はちょっと理論が違う、アメリカ発の「カラーミービューティー」というものだったようですが)、昔から洋服の色についてちょっとうるさかったそうです。

なので、彼女自身も、自分に似合う色をよくわかっていて、似合う系統の色で統一しているため、組み合わせた時にケンカをしない、なじんでいる色になるそうです。


ポイント2:流行の服を買わない


これは彼女自身、胸も、お尻も大きいため、流行の服を買っても似合わないことがほとんどだからでしょう。胸が入るサイズで、さらに彼女のおカタイ職場で通用する服は、流行りの服にはないことが多いそうです。(激しく共感!)


ポイント3:アクセサリーが異様に多い


これも結構特殊だと思いますが、服よりも、靴やかばんのほうが好きで仕方がないそうです。
高校生から胸が大きくなり、着られる服に限りがあったため、靴のほうに意識が向き、靴を楽しんでいるうちにバッグにも興味を抱き始めたそうです。
服の枚数は少なくても、バッグや靴が多いので、コーディネート自体はかなり多いそうです。


逆三角形体形女性へ応用すると


友人は、色白のウィンターであることが早くからわかっており、しかもボンキュボンの体型なので、彼女のルールをそのまま逆三角形体形女性は使えません。

なので、肩幅が広いあるいは胸が大きい女性向けに、かたはばひろみ独自の理論に置き換えてみます。


ポイント1:自分に似合う色を知る


プロフェッショナルのカラー診断を受ける余裕のある人は少ないと思います。
自分でカラー診断するためには、こちらの記事を参考にしてみてください。

カラー診断なんて面倒くさいことはせずに、自分の好きな色2つを選んで、ほかのアイテムはその色に合うカラーでそろえてもいいと思います。

ポイント2:体形に合わせた服のみを買う・着る・持つ


胸が大きい女性や肩幅が広い女性は、上半身の大きさをごまかすためのトップス、腰や足元にボリュームを出すようなボトムスが必要です。

そのため、持っている服の大半が胸元や肩幅が目立つようなパフスリーブや襟の詰まった服ばかりだったり、濃い色のタイトスカートだったりするのなら、そういった服をオークションやリサイクルショップで売ってしまうか、寄付してしまったほうがいいです。

なるべくトップスは収縮して見える色や濃い目の色、ボトムスは膨張して見える色や薄めの色にそろえるといいですが、トップスに関しては重ね着でどうにかなるので、薄めの色だからと言って処分する必要はないです。

似合う服の参考:逆三角形のコーディネート術シリーズはこちらから

ポイント3:アクセサリーを持つ


さすがに靴やバッグを大量に持つと、銀行口座がすっからかんになってしまう人のほうが多いでしょう。

高価になりやすい靴やバッグにこだわるのではなく、ロングネックレスやストール、ベルトを何点か持つといいでしょう。(ロングネックレスの選び方は、こちらの過去記事参照

胴長さんは、ウエストに締めるための幅広めのベルト。胴短さんは、腰の高さで締めるための幅狭めのベルトがあるといいと思います。

こういったアイテムを使うだけで印象が変わって、ドレスアップしたり、カジュアルダウンできたりします。

目から鱗シリーズ


今回がシリーズ連載の1回目でしたが、いかがでしたか?
次回は、最低限何枚の服があればいいのか、具体的なコーディネート共にご紹介します。


関連記事


逆三角形体形の「女子力」を服で上げるためのちょっとしたコツ
おしゃれ迷子になる理由と解決方法
体形コンプレックスで押しつぶされそうになった時に見るべきもの
芸能人から学ぶ、肩幅が広い女性の女子力アップ方法〜IVAN〜
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。