2014年06月28日

ブラジャーのカップサイズと体積の話

バストの体積とか重さが気になる今日この頃です。

なぜなら、ブラジャーのサイズで体積がわかれば、バストの重さ、ひいては体にかかる負担もわかりやすいし、ブラジャーの必要性や重要性を説明しやすいんじゃないかと思うからです。

だけれども、バストは体にくっついているので純粋な重さは測れません。

悶々としていると、母から「美容整形外科医が豊胸に使うシリコンの容量でわかるんじゃないの?」と言われましたが、実際に豊胸を受けた人たちのブログを見ていると「+2カップのつもりが、BからFカップになっていた!嬉しい誤算!」とか、「+5カップで手術したのに、ブラジャー的には3カップしか増えなかった。がっかり」など、いろいろな意見が出ているため、美容整形外科医の先生も、シリコンの容量とカップサイズの相関まではわからないんじゃないかと思います。

悶々としながらいろいろ検索しまくった結果、ある程度の指針が見えてきました。

論文発見!


医科学の世界では、マンモグラフィー、人体測定、熱可塑性物質(ポリエチレンみたいな?)による型作成、三次元スキャン(Grossman-Roudnerマシン)、水の体積の変化による測定(アルキメデス法)の5種類で、体積〜>重さの測定ができると考えられているようです。*1

その中でも、マンモグラフィーが一番正確だそうで(乳房除去手術をした人たちで検証)、アルキメデス法が2番目に信頼できるようです。*1

さらに、2011年にアルキメデス法によって女性104人のバストの体積と彼女たちのブラジャーサイズ(プロによるフィッティング)の研究発表がありました。*2

これによると
● 同じカップサイズでも、アンダーが変わると体積も変わる
● カップサイズが1段階増えて、アンダーサイズが1段階減ると、胸の体積は同じ
● 逆も同じ

つまり
胸の大きさはカップサイズが同じでもアンダーが違うと変わってくる
ということ。(クリックすると画像が拡大します)

ちなみに*2の論文が検証したかったのは、次のことみたいです:
「何々カップ=全部同じ大きさのおっぱい」と想像しがちですが、「同じカップでも、アンダーが違うなら、体積も違うよ」
カップサイズやアンダーサイズで、特定の体積が計算できるよ!ということは言っていません。(残念)


一般的な認識にあてはめると


グラビアアイドルで「Fカップ」とみると「超大きい」と思うかもしれませんが、アンダー60のFカップさんはB80さんと同じです。なので、もしかしたら学校の同級生に「超巨乳」と言われている割に、ブラジャーはCカップを付けている友達や、「ぺちゃぱい」と思われている割にはブラジャーはEカップという人がいるかもしれません。それはこういうことです。

また、「Jカップバストを見たい」「Kカップってどれくらいデカいの?」といったことを知りたくても、アンダーサイズが特定されていなければ、大きさは全く違うということになります。

F80の人が身近にいたら、その人のバストの印象が「J60」のバストの印象と同じです。「J75」を見たかったら、C110のバストと同じです。(そういえば、昔居酒屋のおじさんが「巨乳専門のおっぱいパブに行ったら、あり得ないデブしかいなかった!」と文句を言っているのを聞きましたが、その「デブ」の人のおっぱいは、スレンダー巨乳と体積的には一緒なので、まあ、正しいんでしょうね)



ここまでの情報を「ブラのフィッティング」にあてはめると


自分の胸にちょうどいいと思うブラジャーでも、
●カップを1つ下げてアンダーを5センチ増やしたブラ
●カップを1つ上げてアンダーを5センチ減らしたブラ
の両方をとりあえず着用してみて、より体にフィットするものを選ぶのがいいかもしれません。

(ブラによって、アンダーがきつめだったり、緩めだったりしますので、特にメーカーを変えた時、同じブランドでもシリーズを変えた時は、いろいろ試着することをお勧めします)


ここから下は、かたはばひろみの自己満足の計算です



*2の論文を無料で読める範囲だと
● 片乳平均642mlで平均ブラサイズが12DD→34E(UK)→F85(日本)
● 片乳125mlがオーストラリアのブラサイズで10A→32B(UK)→B80(日本)
● 片乳1900mlがオーストラリアのブラサイズで24DD→46E(UK)→F115(日本)
(日本サイズはかたはばひろみの経験による変換方法です)

アンダーバストが5センチ減ると、1カップ増えるので、この論文だと

125ml F60 E65 D70 C75 B80
642ml K60 J65 I70 H75 G80 F85
1900ml Q60 P65 O70 N75 M80 L85 K90 J95 I100 H105 G110 F115

ということになります。
ちょっとデータ数としては足りませんが、将来ブログで稼げるようになったら論文購入して、より正確なグラフを作ります(論文一つで32ドルなんだもの〜〜)。

上記のデータをグラフにしてみると、(アンダー60に置き換えて、横軸を数値化しました。Aカップ=1、Bカップ=2…etc.です)
カップサイズと胸の体積
(クリックして拡大)
エクセルで一番近いのは「累乗近似」のグラフでした。(点線)

値を当てはめていくと、こんな感じになります。
カップサイズと体積の推測グラフ
(クリックして拡大)

このグラフの横軸は1=A60、2=B60、3=C60・・・です。
ただ、これだと「アンダー60のAカップ」というのは、ほぼ0mlの体積しかありません。
ぺったんこです。んん〜?本当に??

B60(A65)でも10mlです。

A65って、本当に片乳でそこまでしか体積がないんでしょうか?

な〜んか納得いかない(というか、データ数が少なすぎて、そもそもこのグラフが正しいか不安)。


第二の計算


そこで、英語でググりまくっていたところ、ウィキペディア*3に「ブラジャーのカップの構造から、バストの体積を計算した」という記述と数字を見つけました。
これをベースに数字を当てはめていくと、こんな感じになりました。
バストの体積の表かもしれない
(クリックして拡大)

A60は40mlくらいの体積。
うーん。どっちが正しいのだろうか。

データ少なすぎ計算式(表一番左)の数字が正しいのか、ウィキペディアの数字が正しいのか、一番検証できる小さいカップのブラジャーが必要です。

ですが、我が家にあるブラジャーは家族の物を含めてすべてFカップ以上なので、現時点で検証は不可能です。

カップサイズが大きくなると、誤差の範囲も大きくなってきてしまいますが、まあ、カップの生地の角度とかワイヤー幅とか、メーカーによって微妙に違いますので許容範囲かな?


7月14日追記


B65のブラジャーをつけている友人に頼み込み、ブラジャーを測定させてもらいました。
●●ちゃん、これ読んでいるかどうかわからないけれど、変態ぽくって本当にごめんなさいm(_ _)m
友人やめないでいてくれてありがとう!

パッドを入れていない状態で、AmphiのB65のブラジャーの容積は89mlでした。
(wikipediaにあった体積の計算方法にのっとった場合の数値)

ということは、一応「第二の計算」が一番正しいのかなぁという気がします。

カップ別のブラジャーの容積

I60〜A100くらいから片乳500g程度になるので、重力の影響も受けやすく、胸の重みで肩が前に倒れやすくなったり、胸を支えるための筋肉もそれなりに必要になってくるのかな〜という気がします。


注意


このグラフはあくまでもかたはばひろみの自己満足の計算です。
「正しい体積」として公表しないでください。
また、この数字は追記で述べたブラ以外、すべて海外のブラジャーを前提にしています。
日本のブラジャーに基づく数字ではありません。

ただ、日本のブラジャーメーカー複数に問い合わせたところ「カップ部分は複数のアンダーで使用しています。アンダーが5センチ増えた時のカップは同じですが、表示されているサイズは1つ下がります」
→つまり、D70とC75は同じパーツを使っていて、体積は同じ。
ということですから、やっぱりアンダー80センチのAカップと、アンダー65センチのAカップは全然違いますね。


かたはばひろみが言いたかったこと


正確な数字がないのであまり説得力がないのですが、かたはばひろみの勝手な計算では60mlもあればC65かD60にはなっているし、ウィキペディアの数字から引っ張ってきてもA65かB60です。

アンダーが60センチとか、65センチとか、体が小さい人たちは「自分の胸は小さい」「貧乳だ」「せめてCカップ位になりたい」と思っていますが、つぶれたゆで卵あるくらいの大きさだったら、余裕でBカップです。下手するとCカップ以上かもしれません。

「自分は貧乳」
「きっとAもない」
と決めつけず、いろんな下着を試着してみることをお勧めします。
(下着屋さんによってはアンダーバストが小さい女性のフィッティングになれていないので、自分一人でやってみてもいいかも)

*1 Ragip Kayar, Serdar Civelek, Murat Cobanoglu, Osman Gungor, Hidayet Catal, Mustafa Emiroglu, (2011) "Five Methods of Breast Volume Measurement: A Comparative Study of Measurements of Specimen Volume in 30 Mastectomy Cases", Breast Cancer (Auckl), 5: 43–52. Published online 2011 March 27. doi: 10.4137/BCBCR.S6128

*2 Deirdre E. McGhee, Julie R. Steele, (2011) "Breast volume and bra size", International Journal of Clothing Science and Technology, Vol. 23 Iss: 5, pp.351 - 360

*3英語のウィキペディアのページ


関連記事


バージスラインの見つけ方
バストの重さ(アルキメデス法)
ブラジャーを買いに行く前に考えたいこと8つ
年齢と共に変化していくバストとそれに合うブラジャー
ラベル:トリビア バスト
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(4) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか感動しました
Posted by at 2014年07月13日 23:05
コメントありがとうございます。
ちなみに、一緒に旅行に行った友人のB65のブラジャーを見せてもらい、「第2の計算」のほうが合ってるんじゃないかという気がしてきました。
Posted by かたはばひろみ at 2014年07月14日 17:58
たしか海外のブラは日本より2カップおおきかったはず。
Posted by at 2014年10月06日 03:57
名無し様

ご指摘ありがとうございます。

ヨーロッパ、オーストラリア、イギリス、アメリカでサイズが違うため、私が慣れ親しんでるイギリスサイズに変換しました。

http://katahabahiromi.seesaa.net/article/398879922.html
でもイギリス←→日本のサイズ変換を考察していますが、一概に2カップ大きいとは言えないのと、世の中に広く出回っている変換チャートの場合、アンダーがそもそも間違って変換されているので、私のブログでは「2カップ大きい」とは言い切っていません。
Posted by かたはばひろみ at 2014年10月18日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。