2014年06月09日

なぜ輸入ブラを買おうとしても失敗が多いのか

私がイギリスのブラジャーを買っていると知り、日本のブラジャーはもう小さすぎるという知り合いから相談を受けることもありますが、大体のケースでの第一声が
「イギリスのブラジャーって、大きくありませんか?」
です。

「???
この人、大きいブラがほしいんじゃないの?」
と思うのですが、考えてみたら私も最初のブラジャーは大きすぎたなぁと思いだしました。


私の場合


Rui Glamourousで、J80を着用していてもあふれてきたり、食い込んで痛くなったりしたので、インポートランジェリーを一番最初に購入したとき、選んだサイズは「36GG」でした。
その理由は:
Rui Glamourousの3/4カップは小さめの作りで、Jカップは実質Iカップ位だと思ったから。
実質Iカップではみ出ていたので、実質Jカップを買えばいいと思ったから。
輸入するために利用したショップのサイズ表で「日本のアンダー80=イギリスのアンダー36」「日本のJカップ=イギリスG〜GG」と書いてあったからです。

で、実際に36Gを買って着けてみると・・・ゆるい。
ぶかぶか。
背中のブラジャーが「∧」になって引っ張り上げられ、カップもぶかぶかでした。

そこで、サイズ表に対して文句を言う前に、イギリスのブラジャーについて学んでみようと思い、イギリスのデカ胸さんたちのブログを検索しまくったのです。(イギリスのブラジャーを購入しているアメリカのブロガーさんもいたので、かなりの人数になりました)

イギリスのブラジャー


一番最初に「これ、超参考になる!」と心躍らせたブログは、ブリタニー様運営のThin and Curvyでした。

彼女曰く、世の中には多くの「間違った」フィッティング方法がまかり通っていて、ブランド直営の通販サイトでも間違ったフィッティング方法が出回っていると言っていました。

間違っている方法の例として
● バストの上の肋骨の周囲を測ってアンダーを決める
● アンダーバストの実寸に4あるいは5インチ(10〜13センチ)足してアンダーを決める
というものがあるそうです。

(というか、こういう方法があるのかと驚きました)

そのほか、様々なサイトを巡り、アンダーバストの数値の出し方もいろいろあるんだと学び(関連記事で取り上げています)、さらにはカップサイズもブランドによって違うということも知り、最終的に自分にとってちょうどいいイギリスサイズがわかったのですが、それはまた別のお話。(今回は私の話ではなく、一般論なので)


ブリタニーさんの意見


ブリタニーさん自身もかなりバストが大きい女性なのですが、彼女は「特に胸の大きい人は、アンダーバストの実寸に10センチ以上足したブラジャーを着用すると、バストの重みでカップがずれるし、アンダーは背中で引っ張り上げられていいことなし!」ということを力説していました。

そういうことであれば、海外ブラのサイズに変換するチャート通りにブラを買っても、自分に合わない理由がわかりました。

変換チャートの問題点


海外サイズは+10センチ程度をすることを想定していて、日本でも同じことをしていることが前提なんですね。

そして、イギリスの場合は、数字が実際に増える(実寸30センチの人が選ぶのは、アンダー34のブラ)。
日本のブラジャーは、消費者が探しやすいように、実寸73センチの人が選ぶのは、アンダー75のブラだけれど、アンダー75のブラは+10センチほど緩く作られていると推測をしているようです。
(英語でブラジャーについて様々な情報を提供しているbustyresourcesでも、「日本のブラジャーは、10センチほど大きい」みたいに書かれています)

だから、日本のブラでアンダー75を買っている人は、アンダー34を買うと、ちょうどいい!
という理屈になっています。

こういう考えだったら、サイズ変換表の数字に納得です。


日本のブラジャーの実態


ただ、残念ながら日本のブラジャーは+10センチで作られていません。

ワコールやトリンプのページや、店員のブログを読んでも、そんなことは書いてません。
むしろ補整力のために、「ブラの実寸は10センチくらい小さいかもしれないけど、体型補整のために実寸の書かれたサイズに一番近い表記サイズが書かれたブラジャーを選んでください」という趣旨のことが書かれています。

(つまり、アンダー75センチのブラジャーは、実寸は65センチくらいだけれど、女性のアンダーバストの実寸が約75センチだったら、それを着けるべきと言っています)

これは、海外の認識とだいぶずれていますね〜。

なので、サイズチャートが悪いというより、ブラジャーのフィッティングシステムの違いの問題のようです。


ブラジャーを輸入するときの注意点


胸が大きい人で、海外サイズにチャレンジしようと考えている人は、アンダーの実寸(センチ)を2.54で割ったアンダーサイズ(インチ)を探してください。

ブランドによって小さめ・キツイという違いはありますが(たとえば、Curvy KateはFreyaに比べてきつめです)、サイズチャートを使っていては絶対にしっくりくるブラは見つからないと思います。

カップサイズは、個人的な経験から「変換チャート通り」だと思うので、変換チャートに従ってください。


私の場合


Freyaのピッタリサイズは32GGで(といっても、ワイヤーが狭く、ドダイヒロコの私はカップ上部が余る)、Curvy Kateのピッタリサイズは34GGで、Panache Cleoのピッタリサイズは34Gです。


Rui Glamourousの3/4カップは小さめの作りで、Jカップは実質Iカップ位。
実質Iカップではみ出ていたので、実質Jカップを買えばいい。

という考え方で、日本のブラジャーサイズ「J80」と同じサイズのイギリスのブラがほしければ、
「GかGG」 (→サイズ変換表と一致)
「80÷2.54=31.5≒32」 (→サイズ変換表と一致せず)

つまり、32Gか32GGを買えばちょうどいい→私の買ったブラと照らし合わせても大体合っている。

という感じになります。

結論


繰り返しになりますが、
カップサイズはサイズ変換表をそのまま利用。
アンダーサイズは実寸÷2.54 (人に手伝って測ってもらうほうがいい+関連記事参照)

イギリスのブラジャーだったらこんな感じになります。
(かたはばひろみ独自の変換チャート)
イギリスからブラジャーを輸入する場合のサイズ変換
横に並んでいるブラジャーは、カップの容積は実質同じです。
(36Gは34GGや32Hと同じカップの容積なので、32GGくらいが必要な私にとってぶかぶかに感じるのは当然でしょう)

ただ、日本と違って海外のブラジャーはワイヤーの広さがブランドによってかなり違いがありますし、カップの深さや角度も結構違うので、一概に言えません。ブランドによってカップサイズを表すアルファベットも微妙に違います。(私ひとりのブラジャーでも、32GG、34GG、34Gと3種類あります)

この記事に「ブランド名&具体的な商品名」を含めた質問コメントをいただいたら、私の知っている範囲&調べられる範囲で傾向はお答えできますので、イギリスのブラジャーを購入する場合は質問してください。

(アメリカのブラジャーは1回しか挑戦したことがないのでお答えできないことが多いかもしれません)

日本にも送ってくれるBare Necessities
Shop Now
アメリカ時間の6月15日と6月16日にセールやるみたいです。
(日本だと、15日午後?夕方?〜17日朝まで)
クーポンコード「30NOW」を使うと、30%割り引になります。

関連記事


体に合うブラジャー探しの旅   
自分にとって適切なブラジャーのアンダーサイズ
トップとアンダーの差だけで選んだブラの問題
ラベル:トリビア バスト
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。