2014年03月16日

間違ったブラの付け方

ブラジャーの間違った着け方をしている人は、女性の8割程度と考えられています。
間違ったブラジャーをつけていると、バストが垂れやすくなったり、肩こり・腰痛、皮膚への色素沈着など、トラブルが多くなります。

Read more
posted by かたはばひろみ at 12:15| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

間違ったブラで、バストの肉が背中の肉にドミノ倒ししていく?

昨日の今日ですが、「お肉が逃げる」という表現は本当に間違っているのか、むくみと言い切れるのか、気になって夜も眠れなくなってしまいました。
なので、久しぶりに間違ったブラジャーの付け方をしてみました!

間違ったブラジャーの着用法


直立で、一切手を加えずにブラジャーを着用したときの背中
Read more
posted by かたはばひろみ at 19:29| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

バージスラインはどうやって見つけるか

バージスラインは「バストの輪郭」と言われていますが、バストが大きい女性であれば、輪郭は見つけやすいですが、そうでない人はどうやってバージスラインを見つけたらいいのでしょうか。

まず、よりグリーンの濃い→脂肪が多い
グリーンが薄い→脂肪が少ないエリアです。
バージスwhere.jpg
バストを指の腹でゆっくりやさしく押していきます。
肋骨の下から徐々に上を押していき、肉質が変わった場所が合ったらそこが「バストと胴体の境界」です。
脇でも同じように行います。
脇から腕の付け根(脇の下)に向かっていきます。バストの部分と同じような肉質の部分が合ったら、そこもバストの境界です。人によって脇の下のほうまでバストの肉がある場合と、ない場合があります。
マーカーでその境界を書いていくとわかりやすいですが、境界をつなげていくと「バージスライン」ができあがります。

脇の近くまでバストの肉がある人は「バージスラインが広め」→ドダイヒロコさんです。
体の正面でバストの肉が終わる人は「バージスラインが狭め」→ドダイセマミさんです。
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。