2014年03月30日

正しいブラの選び方 (着地点の見つけ方 後半)

基準となるサイズは選んだ。
きちんと試着もしている
なのに、どんなブラジャーを選んでも合わない!
私の体はおかしい!!!

とパニックを起こす人は結構います。

そして、その理由もいろいろです。すべてのケースには、それぞれ違う解決法があります。
一つ一つ見ていきましょう。

ケース1


ブラジャーを選んでいるうちに、全部合わないような気がしてくる
具体的にはこういうことです。
C75からスタート(アンダーがきつくてカップから胸があふれている)
→D75(カップはピッタリだけれど、アンダーが緩く感じる)
→E70(D75と同じカップサイズのE70にすると、カップがちょうどいいが、今度はアンダーがきつく感じる)
→E75(カップに隙間があって、アンダーも緩い)
「もう何をつけたらいいかわからない!!!」

原因: 普段間違ったサイズのブラをつけているせいで、むくみ・血行不良・お肉の移動があった。
Read more


posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

ブラジャーの保管方法いろいろ

ブラジャーってどうやって保管してます?

タンスの中にぐちゃぐちゃって入ってますか?
二つに折りたたんで、片方のカップがひっくり返っている状態にしてませんか?
もしくは、どういう状態で保管されているのかわからないくらいもみくちゃにされてませんか?

保管方法が雑だと、ブラジャーの寿命はどんどん短くなりますよ。

特に大きいサイズのブラ、10段ホックのついているロングブラは収納方法に困りますよね。
今回は、人には聞きにくいブラジャーの保管方法のあれこれ。

まず、おすすめなのが




ベロアハンガーネクタイ用!

あるいは



ノンスリップハンガー!

両サイドがガタガタになっていないもの!



「ガタガタ」

左右のハンガーにストラップを通して、1段に1ブラ収納します。
同じ方向に向けて重ねてもよし。交互に向きを変えるのも良しです。

ブラ6個を、コート一枚分のスペースで収納できるし、引き出しの中に頑張って詰め込まなくていいのが楽です。
ロングラインブラやコルセットタイプのブラにおすすめです。


あと、割とこういうネクタイハンガーもお勧めです。



1ネクタイスペースに、1ブラ。
ストラップ両方を挟み込み、半分に折りたたんだような状態でぶら下がります。

とはいえ、夫婦やカップルでクローゼットを共有している人はちょっと恥ずかしいですよね。
どうしても引き出しにしまいたい人には



とか



とか
仕切りがあるものがおすすめです。


靴を買った時の靴箱も、ふたを外して、自分で100均などで購入した仕切りを付ければ、経済的なブラケースが出来ちゃいます。
大きいブラだと、女性用の靴箱はダメかもしれませんが、男性用靴箱、ブーツ用の靴箱が使えます。
100均のラッピングペーパーを外側〜内側に貼れば、おしゃれなブラケースです。
posted by かたはばひろみ at 20:05| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

自分にとって適切なブラジャーのアンダーサイズを決める方法

正しいブラの探し方シリーズ (  )で、いろいろと書いてきましたが、自分あるいは店員さんによって適切にアンダーバストを測定しても、ブラジャーが合わないことはよくあります。

その理由は複数あり、それぞれによって対処方法が異なります。
理由を大きく二つに分けると、「ブラジャー側の都合」と「つける側の体の都合」です。

ブラジャー側の都合
下着メーカーが作っているほとんどのブラジャーの表示サイズは、実寸サイズとは異なります。

文章だけだとわからないので、具体的な数字を交えながら説明します。(たとえです)
アンダーのサイズが75と書かれたブラがあります。
寝かせた状態で測ると、65センチ。
とはいえ、ブラジャーのバンド部分はゴムでできているため、伸び縮みします。
ブラジャーのゴムバンド部分は、ブラジャー全体の5割程度です(商品によって異なります)
ブラジャーのゴムバンドは、3割伸びるとします。
65÷2×0.3=9.75センチです。
約10センチ伸びるということです。
65センチ+10センチ=75センチです。
つまり、75センチと表示された、実寸65センチのブラジャーを付けるのは正しい、ということになります。

ただ、バンドに含まれる細いゴム繊維は、使用回数が増えればだんだん切れていきます。
80センチ近くまで伸びてしまうこともあります。
そのため、新品のブラは手前のホック。使用回数が増えてくるとどんどん奥のホックで止めることになり、最終的には寿命を迎えます。

このように設計されたブラジャーは、「アンダー75センチ」の表記を買ったら、理論上は「体に合うはず」です

→とはいえ、自分の体にゴムをきつめに巻き付けてしまう状態なので、人によって苦しく感じる人もいます。

また、きちんと設計されたブラジャーを模倣しているだけの安物は、同じように実寸65センチでも、ゴムバンドが2割しか伸びないものもあります。
そうなると、
65÷2×0.2=6.5センチです。
65センチ+6.5センチは、71.5センチです。
このブラジャーでは、アンダー実寸75センチの人たちの体に食い込んでしまいます。

ブラジャーのゴムバンドがどの程度伸びるのかはわかりません。
店員さんに聞いてもわからないでしょう。
実際に試着してみて、新品の状態でどの程度きついのかを自分で確認しないといけません。

ブラジャーの実寸は、何センチなのか
伸び率がどのくらいなのか
わかりません。

同じメーカーであっても、シリーズが違えば使う素材は異なりますし、染料によってゴムバンドの伸び率が変わることもあります。同じブラでも、ピンクは70Dがぴったりでも、白のブラはきつく感じる→75Cがちょうどいい、ということもあります。


つける人側の都合
Read more
posted by かたはばひろみ at 12:00| Comment(0) | ブラのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。